トレード手法について

相場を予測する手段としては、「ファンダメンタルズ分析」「テクニカル分析」の2つがあります。ファンダメンタルズ分析は、需要と供給のバランス、経済的な要因、環境の変化などから相場の動向を検証する手法です。一方、テクニカル分析は、価格の動きをチャートに描き、統計的手法や経験に裏付けされた分析に加えて、将来的に価格が変化する節目を予測する手法です。
ここでは、主にテクニカル分析を中心にご紹介したいとおもいます。

商品先物取引のトレード手法その1 ろうそく足の見方と相場のパターン


商品先物取引のトレード手法その2 順張りと逆張り・抵抗線と支持線


商品先物取引のトレード手法その3 押し目買い、戻り売り・転換の察知


商品先物取引のトレード手法その4 ボラティリティと相場のパターン


商品先物取引のトレード手法その5 時間と価格の均衡


商品先物取引のトレード手法その6 相場とメンタル


やってはいけないことその7 やってはいけないこと

過去のブログの記事

ここでは基礎的な部分のみを取り上げていますが、この基礎こそが相場で勝つ上で最も大切ではないかとおもいます。スポーツでも基礎練習の反復が大切と言われており、野球であれば素振りとキャッチボール、相撲であれば四股と股割を一流の選手でも繰り返し練習します。基礎をしっかり理解すればそれを応用することは難しいことではないのではないでしょか。

テクニカル分析関係

商品デリバティブ移動平均線(グランビルの法則)


商品デリバティブフィボナッチリトレースメント


RSI(相対力指数)


商品デリバティブ酒田五法


商品デリバティブ出来高と取組高


トレンドライン商品デリバティブ

取引関係

商品デリバティブトレードスタイルについて


商品デリバティブリスクについて


商品デリバティブナンピン(難平)とは

>当サイトおよび商品先物取引の注意事項

当サイトおよび商品先物取引の注意事項

商品先物取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生じる場合があります。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取組みください。なお、このサイトは情報提供を目的としており、投資の最終判断はご自身でなさるようにお願いたします。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については、本サイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。