つなぎ足と一代足

商品先物取引でよく使われるチャートには、つなぎ足一代足の2種類があります。

先限の価格を繋ぎ合わせたチャート

原油つなぎ足(日足チャート)

原油チャートつなぎ足
一つの限月の価格を発会から納会まで表したチャート

原油2020年1月限一代足(日足チャート)

原油チャート一代足

一般的なサイトでは、商品先物取引のチャートは「つなぎ足」が表示されています。
商品先物取引には、納会(期限)があるために株式のような連続したチャートがありません。そこで便宜上、新しい限月が発生して先限が交代するたびに、先限をチャートに表示するという方法を取っています。

原油つなぎ足で表示されている限月

つなぎ足の仕組み

このように「つなぎ足」とは各限月の先限を繋ぎ合わせたチャートになります。

原油2020年1月限一代足でつなぎ足に表示されている期間

一代足の仕組み

原油であれば、発会から次の限月が発生するまでの1か月間は先限となりますので、その期間はつなぎ足と一代足は同じチャートということになります。
つなぎ足の概念については月足を見るともっとわかりやすいとおもいます。

原油つなぎ足(月足チャート)

商品デリバティブ取引:つなぎ足と一代足

つなぎ足(月足チャート)は毎月毎月の先限の月足部分をつなぎ合わせたチャートになります。原油先物は最長でも6ヵ月の取引期間ですから、このように数年にもわたる価格推移を連続して表示するにはつなぎ足を使うしかありません。

商品デリバティブ取引:つなぎ足と一代足

原油の一代足を月足チャートで表示すると、期間が6ヵ月の取引ですから最大でも6本しかありません。これでは値動きがわかりませんので、新しい限月ができるごとにチャートに表示する限月を切り替えて、連続したチャートを表示しているというわけです。

つなぎ足の問題点

  • 限月間にサヤがある場合は、連続性が期待できない
  • 新限月は日中立会から始まるので、切り替わる当日の夜間立会のデータがチャートに含まれない

つなぎ足の原油日足チャートで見ると、8月上旬の40,000円前後の価格から半年後の価格はあまり変わらないように見えますが、原油2020年1月限の価格推移を表した一代足の日足チャートで見ると実際は4,000円以上上昇していることがわかります。順ザヤ・逆ザヤの状態であれば、限月の切り替えのタイミングでどうしても連続性にズレが生じてしまいます。また、新しい限月は日中立会からスタートしますので、その日の夜間立会の値動きはつなぎ足チャートには反映されません。

限月切り替えのタイミング

商品デリバティブ取引:つなぎ足の問題点

つなぎ足の問題

商品デリバティブ取引:つなぎ足の問題点

限月間のサヤがほとんどない金や白金にはこのような偽物の窓は発生しにくいですが、切り替え日の夜間立会のデータが表示されないという問題は同じように存在します。

取引時の注意点

テクニカル分析をする場合に、つなぎ足と一代足のどちらを見れば良いのかという問題が発生します。基本的には先限を取引する場合には、つなぎ足のみを見て取引して問題はないとおもいます。なぜなら、多くの投資家がつなぎ足を見て取引していますので、つなぎ足のテクニカル分析が機能しやすいからです。ただし、当月限や二番限を取引する場合にはつなぎ足と一代足の両方を確認する必要があります。


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
商品先物取引ブログバナー


>当サイトおよび商品先物取引の注意事項

当サイトおよび商品先物取引の注意事項

商品先物取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生じる場合があります。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取組みください。なお、このサイトは情報提供を目的としており、投資の最終判断はご自身でなさるようにお願いたします。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については、本サイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。