取引時間

東京商品取引所では、「ザラバ取引」で取引が行われています。
「ザラバ取引」とは、株式取引などと同じ方法で、取引開始時間、取引終了時間が決められていて、その間は自由に取引価格が決められていく方法です。

東京商品取引所の取引時間は、日中立会は「8:45~15:15」・夜間立会は「16:30~5:30(29:30)」です。 なお、ゴム夜間立会の時間は、「16:30~19:00」となります。

商品先物取引の立会時間
取引時間日中立会夜間立会
貴金属市場 
石油市場 
農産物市場 
8:45~15:1516:30~5:30(29:30)
ゴム市場 8:45~15:1516:30~19:00
ゴム取引時間
ゴム市場だけ夜間取引が早く終わるんだね
計算区域について

計算区域とは、取引の「値洗い(ねあらい)」のために計算領域を一つに区切るものです。
値洗いとは、それぞれの建玉(たてぎょく)の損益を毎営業日、計算することです。不足金の計算等もこのタイミングで行います。

取引の1計算区域は、「前営業日の夜間立会(16:30~5:30)+当日の日中立会(8:45~15:15)」となります。したがって、夜間立会は日付的には翌営業日の取引をしていることになります。

商品先物取引の計算区域
商品先物取引のしくみ
不足金の計算などは日中立会の終了後に確定するので注意してくださいね。
ノンキャンセル・ピリオド(NCP)

ノンキャンセル・ピリオドとは立会開始・終了の直前に、訂正・取消し注文を原則受け付けない時間帯になります。

下記の時間(1分間)は注文の訂正・取消しを行えませんのでご注意ください。

・8:44~8:45(日中立会寄り付き前)
・16:29~16:30(夜間立会寄り付き前)
・翌 5:29~5:30(夜間立会引け前)

海外の取引時間

海外には夏時間(サマータイム)があり、米国と欧州は夏時間には指標の発表や取引開始時間が1時間早まります。

米国夏時間:3月第2日曜日から11月第1日曜日まで
欧州夏時間:3月の最終日曜日から10月の最終日曜日まで

CME Globex (電子取引プラットホーム)取引時間

CMEグループは、世界を先導する最も多彩なデリバティブ市場で、 CME、CBOT、ニューヨーク・マーカンタイル取引所 (NYMEX)、ニューヨーク商品取引所 (COMEX)の4つの公認取引市場で構成されています。

CME Globex(グローベックス)は先物・オプション取引への接続を世界に提供する電子取引プラットフォームで、実にCME グループにおける全取引の80%以上が電子取引で執行されています。

NYMEX
取引時間(米東部時間)
日曜日―金曜日:6:00 p.m. – 5:00 p.m.ただし、5:00 p.m. から60分間は取引休止

冬時間の取引休止:日本時間の午前7時から午前8時まで
夏時間の取引休止:日本時間の午前6時から午前7時まで

CME Globex (電子取引プラットホーム)取引時間
商品先物取引のしくみ
つまり、NYMEXの電子取引は1日のうち23時間も取引できるのね
商品先物取引のしくみ
ずっと取引してたら寝る暇がないんだけど…
海外の祝日

海外の祝日は海外市場は休場となります。

2019年 米国祝日
1/1元日
1/21マーティン・ルーサー・キング・デー
2/18プレジデント・デー
4/19聖金曜日
5/27戦没者追悼記念日
7/4独立記念日
9/2レイバー・デー
10/14コロンブスデー
11/11 ベテランズデー
11/28感謝祭
12/25クリスマス

注文の出し方と計算方法に進む

>当サイトおよび商品先物取引の注意事項

当サイトおよび商品先物取引の注意事項

商品先物取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生じる場合があります。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取組みください。なお、このサイトは情報提供を目的としており、投資の最終判断はご自身でなさるようにお願いたします。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については、本サイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。