取引銘柄

商品先物取引で売買するのは、金・原油・大豆・トウモロコシといった物の価格になります。

商品デリバティブ取引:取引銘柄

商品先物取引といえば、多くの方は縁遠い存在だと感じられると思いますが、取り扱っている商品は、ガソリンや灯油、大豆など生活に密着した商品がほとんどです。

車に乗られる方で、ガソリンの価格を知らない人はいないでしょうし、主婦の方には大豆やとうもろこしの価格は気になるところではないでしょうか?

身近な商品を売買できるのが商品先物取引の面白さの一つです。

主な投資とその取引対象

商品先物取引物(商品)
株式投資会社(証券)

FX

お金(通貨)
商品デリバティブ取引対象
商品先物取引のしくみ
商品先物、株式投資、FXでは取り扱う対象商品が違うということなんだ。
商品先物取引のしくみ
商品デリバティブ、株価指数デリバティブ、通貨デリバティブは、取り扱う対象が違うだけで取引のやり方はほとんど同じ内容だったりするね

商品デリバティブ他のレバレッジ商品との比較はこちら

国内の上場銘柄

日本国内には東京商品取引所(TOCOM)と大阪堂島商品取引所の2箇所の商品取引所があります。

国内の商品取引所

東京商品取引所(TOCOM)

東京商品取引所

所在地:東京都中央区日本橋堀留町1-10-7

取引の種類
ゴム市場・貴金属市場・エネルギー市場・農産物市場

東京商品取引所
白金パラジウム
原油ガソリン灯油軽油
ゴムコーン大豆小豆
電力(法人のみ)   

大阪堂島商品取引所

所在地:大阪府大阪市西区阿波座1丁目10番14号

取引の種類
コメ市場・農産物市場・砂糖市場

大阪堂島商品取引所
コメコーン大豆小豆
粗糖   
金について

初心者オススメ度 (4.0)

新型コロナウィルスによる世界的な景気減速に対応するために、各国の中央銀行による大規模な資金供給が行われています。大量に投下された資金は、世界中の金余り現象を加速させ、 ゆくゆくは過剰な貨幣が主因となるマネタリーインフレを発生すると予想されています。金は、物価が上昇しインフレ局面になったとしても、純金価格は着実に値上がりします。 逆に、物価が下がるデフレ局面で、経済不安が起こったとしても、純金それ自体の価値が損なわれることはありません。
“物”として存在する金は、“物価”が上昇すれば、“物”である金の“価格”もこれに連動して上昇することから、今、注目されています。

価格上昇要因
需要拡大・供給縮小
ドル安・金利低下
インフレ懸念
地政学リスク拡大・金融不安
中央銀行の買い
 
 
価格下降要因
需要縮小・供給拡大
ドル高・金利上昇
インフレ鎮静
世界情勢安定・金融安定
中央銀行の売り
商品先物取引のしくみ
「有事の金」ともいわれ、テロ・戦争などの際には注目される傾向があるわよね。
商品先物取引のしくみ
ただ近年は有事の際には他の金融商品と同じように売られることもあるので「有事の金」っていうのを過信しすぎない方が良いかもね。
原油について

初心者オススメ度 (3.5)

新型コロナウイルスによる移動制限によって直近の原油需要が極端に少なくなり、WTI原油価格が4月20日終値で-37.63ドルというマイナス価格を付けて注目を集めました。

原油の需要減に対応するためにOPECプラスが日量970万バレルの大幅減産を継続していますが、原油需給のバランスを維持するには規模が不足していると言われています。

新型コロナウィルスによる需要減の影響がどこまで続くのかということが、今後の原油価格の大きな価格変動要因となります。

原油は日本、欧州、米国の取引所で取引が行われていますが、取り扱われている原油の種類は少しずつ違います。価格についても同じ動きをするとは限りませんので注意が必要です。

取引所銘柄消費地域
東京商品取引所ドバイ原油アジア向け
ICE Futures Europeブレンド原油欧州向け
NYNEXWTI原油米国内
ゴムについて

初心者オススメ度 (2.5)

東京商品取引所に上場されているゴムは「RSS」と「TSR」の2種類となり、両方とも天然ゴムになります。
天然ゴムの需要構造は、消費量全体の約80%がタイヤ用途であり、中国の天然ゴムの消費が世界全体の4割を占めます。その中国では2019年に28年ぶりに新車販売台数が減少に転じました。自動車減税の終了や、米中貿易摩擦の影響が指摘されています。中国の景気が持ち直すのかどうか注目する必要があります。

売り買いがあるに進む

>当サイトおよび商品先物取引の注意事項

当サイトおよび商品先物取引の注意事項

商品先物取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生じる場合があります。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取組みください。なお、このサイトは情報提供を目的としており、投資の最終判断はご自身でなさるようにお願いたします。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については、本サイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。