空売り(からうり)とは

商品先物取引は、「買い」だけでなく、「売り」からでも取引をスタートできます。
「買ってから値上がりした時点で売ると利益」だけではなく、「売ってから値下がりした時点で買うと利益」となり、どちらでスタートしても構いません。
「将来、値上がりするのでは?」と思えば買いでスタートして、「将来、値下がりするのでは?」と思えば売りでスタートすることができます。相場の下落局面でも、利益を狙うことができるのが商品先物取引の特徴です。

商品先物取引は売りと買いがある

買いからスタートした場合は売却して取引を終了。売りからスタートした場合は買い戻しして取引を終了します。

※FXのように売りに対してスワップ金利が発生しません。ただし、買いについてもスワップ金利が発生しないので注意が必要です。

商品先物取引のしくみ
売りからでもスタートできるから、値段が下がりそうな時でもチャンスがあるのね
商品先物取引のしくみ
売りと買いを上手に使い分けてガポリ稼ぐわよ!
なぜ売りから入れるのか?

先物取引の売りは「将来」に商品を渡す約束をする取引ですから、現時点で対象物を保有している必要はありません。目論見どおり価格が下がれば、 買い戻しして利益を確定すれば良いのです。これを「空売り(からうり)」といいます。
例えば、原油先物で来年の4月受け渡しの物が1バレル60ドルで取引されているとしましょう。ここから原油価格が下がると思っている人は、この取引に売りから入ります。 売りっぱなしで放っておくと、来年の4月になったら実際に原油を確保しなければなりませんが、買い戻しでこの取引を終わらせれば、原油を確保する必要はありません。
仮に予想どおりに原油価格が1バレル50ドルに下がり、この価格で原油先物を買い戻しできれば1バレル10ドルの儲けとなります。
また、このように「買い」の取引を「売る(転売)」、「売り」の取引を「買う(買い戻し)」により、買った時または売った時の価格と現在の価格との差額を清算して取引を終了することを 「差金決済(さきんけっさい)」と呼びます。

商品先物取引のしくみ
将来値段が安くなりそうなものを今のうちに売る約束をして、後から買い戻して取引を終了するのが差金決済だね

将来、原油の価格が下がりそうな時

原油先物取引の空売りの例

商品先物取引のしくみ
商品先物取引では、売りの建玉(たてぎょく)と買いの建玉を同時に持つことも可能です。その状態のことを両建て(りょうだて)と呼びます。
両建てとは

両建てとは「買い」と「売り」のポジションを同時に持つことです。

どちらか一方がプラスの時は、もう片方がマイナス。一方がマイナスの時は、もう片方がプラスになるため相場がどちらに動いても損益は発生しません。

両建てイメージ

両建ては相場の見通しがわからない時に利用されるのが一般的です。両建は相場の予想がはずれて迷っているときに、一時的に避難するために行う行為です。とりあえず両建にして、相場の見極めがついたら片方をはずして残ったほうで勝負するわけです。

損切りしたくないから一時的に避難したいという投資家の心理はよくわかるのですが、両建ては建玉したポイントで損切りしたことと実質的には同じです。しかも、手数料などのコストは余分に必要となります。できることなら両建てせずに損切りしてしまった方が良いです。

両建て
「両建て両損」って格言があるように両建ての難易度は非常に高いです。
両建て
「両建ては損から外せ」っていう格言もあるけど、両方が含み損になったらどっちから外せばいいの!

証拠金制度とレバレッジに進む

>当サイトおよび商品先物取引の注意事項

当サイトおよび商品先物取引の注意事項

商品先物取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生じる場合があります。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取組みください。なお、このサイトは情報提供を目的としており、投資の最終判断はご自身でなさるようにお願いたします。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については、本サイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。