ろうそく足の見方と相場のパターン

ろうそく足の見方

ろうそく足とはチャート上での一定の期間中の値段の上げ下げを表しています。その期間中、値段が上がっていれば陽線、値段が下がっていれば陰線と言います。陽線や陰線を表す色は、チャートを表示するソフトの設定によって変更できます。

ロウソク足陽線
価格の上昇を表す陽線
ロウソク足陰線
価格の下落を表す陰線

ろうそく足の期間は様々な長さで設定でき、1分、60分など、短い時間のものから、1日、1週間、1ヶ月など、長い時間のものまで、自由に設定が出来ます。例えば、1分のろうそく足とは、1分ごとに新しく更新されていくろうそく足のことでこれを1分足と呼びます。四本値とは、ろうそく足の表示が始まる時の値段である始値、ろうそく足の期間中の高値と安値、ろうそく足の計測が終わる時である値段の終値の4つの値段のことを言います。

分足が表すもの
ロウソク足四本値
陽線が表す動き
実体とヒゲ

始値と終値の関係を示した長方形部分を「実体」といいます。
実体の上下に伸びている直線は「ひげ」といいます。

ロウソク足実体とヒゲ

ろうそく足は実体とヒゲの組み合わせで構成されます。
実体やヒゲの組み合わせや、いくつかのろうそく足の組み合わせによって短期間の相場の動きを予測することが可能です。

商品先物取引のトレード手法
実体とヒゲの形状によってロウソク足はさまざな呼び方をされているんだ。相場を読む上でロウソク足の形状は非常に重要だぞ。
相場はレンジかトレンドの2つ
レンジ相場

レンジ相場は上限と下限の中で上げ下げを繰り返す相場です。ボックス相場とも呼びます。

商品先物取引のレンジ相場

上限と下限のラインが水平でない場合もあります。上限と下限が広くなったり狭くなったりするレンジ相場もあります。特にレンジの幅が狭くなっていく相場を三角持合いと呼びます。

商品先物取引の三角持合い
トレンド相場

トレンド相場は上限ラインを切り上げて(切り下げて)下限ラインを切り下げて(切り上げて)一方方向に動く相場です。

商品先物取引のトレンド相場

相場はレンジ相場とトレンド相場の2パターンです。このパターンを見極めることが非常に重要です。
トレンドの発生する期間は、トレンドの発生しない期間に比べて少なく、全体の1割から2割程度と言われています。

商品先物取引のトレード手法
レンジ相場なのかトレンド相場なのかしっかり見極められるようになれば相場の成績は安定するはずよ

商品先物取引のトレード手法
それが出来たら苦労しないよ…とほほ

商品先物取引のトレード手法順張りと逆張り・抵抗線と支持線へ進む

>当サイトおよび商品先物取引の注意事項

当サイトおよび商品先物取引の注意事項

商品先物取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生じる場合があります。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取組みください。なお、このサイトは情報提供を目的としており、投資の最終判断はご自身でなさるようにお願いたします。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については、本サイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。