さや取引

さや取引について

商品先物取引の売買手法の中にはさや取引と呼ばれるものがあります。さや取引とは動きがよく似通った2つの銘柄の高い方を売り安い方を買う取引です。(価格差が大きくなると予測する場合は高い方を買い安い方を売ることになります。)

商品先物取引には「限月間スプレッド取引」(カレンダースプレッド)と「商品間スプレッド」があります。

「限月間スプレッド」は同一銘柄の異なる限月のさやを狙う取引で、「商品間スプレッド」は同一限月の異なる銘柄のさやを狙う取引です。商品間スプレッドは、原油とガソリン、原油と灯油など動きがよく似た銘柄間で有効な取引です。

これは金と白金のさやチャートですが、2008年には白金の方が金に比べて3772円も高かったわけですが、現在は白金の方が1800円近く安い状態にあります。

金白金さやチャート

過去に金と白金が同じような動きをしていたために、金と白金のさやを狙われる方がいらっしゃいますが、さや月足チャートを見てわかるように、もはや二つの銘柄は動きがよく似た銘柄ではありません。金と白金のさやを安易に狙うのは危険ではないでしょうか。

金白金さやチャート

今週は、金高・白金安の動きのために再び金高・白金安のさやが過去最大に近づきつつあります。このまま前回の記録(1859円)を抜くのか注目ですね


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

商品先物取引ブログバナー


>当サイトおよび商品先物取引の注意事項

当サイトおよび商品先物取引の注意事項

商品先物取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生じる場合があります。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取組みください。なお、このサイトは情報提供を目的としており、投資の最終判断はご自身でなさるようにお願いたします。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については、本サイトおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。