取引時間

東京商品取引所では、「ザラバ取引」で取引が行われています。
「ザラバ取引」とは、株式取引などと同じ方法で、取引開始時間、取引終了時間が決められていて、その間は自由に取引価格が決められていく方法です。

東京商品取引所の取引時間は、日中立会は「8:45~15:15」・夜間立会は「16:30~5:30(29:30)」です。 なお、ゴム夜間立会の時間は、「16:30~19:00」となります。

商品先物取引の立会時間
取引時間日中立会夜間立会
貴金属市場 
石油市場 
農産物市場 
8:45~15:1516:30~5:30(29:30)
ゴム市場 8:45~15:1516:30~19:00
計算区域について

計算区域とは、取引の「値洗い」のために計算領域を一つに区切るものです。
値洗いとは、それぞれの建玉(たてぎょく)の損益を毎営業日、計算することです。不足金の計算等もこのタイミングで行います。

取引の1計算区域は、「前営業日の夜間立会(16:30~5:30)+当日の日中立会(8:45~15:15)」となります。したがって、夜間立会は日付的には翌営業日の取引をしていることになります。

商品先物取引の計算区分
不足金の計算などは日中立会の終了後に確定するので注意してくださいね。
ノンキャンセル・ピリオド(NCP)

ノンキャンセル・ピリオドとは立会開始・終了の直前に、訂正・取消し注文を原則受け付けない時間帯になります。

下記の時間(1分間)は注文の訂正・取消しを行えませんのでご注意ください。

・8:44~8:45(日中立会寄り付き前)
・16:29~16:30(夜間立会寄り付き前)
・翌 5:29~5:30(夜間立会引け前)

具体的な計算方法に進む

>当サイトおよび商品先物取引の注意事項

当サイトおよび商品先物取引の注意事項

商品先物取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生ずる場合があります。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。 尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。 本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については執筆者には一切の責任を負いかねます。