呼値と倍率

取引所で決められている金の価格は1gあたりの価格になります。この1gのことを呼値(よびね)といいます。呼値は各商品ごとに決められておりガソリンは1㎘、ゴムは1㎏になります。

銘柄呼値

金・白金

1g
原油・ガソリン・灯油

1㎘

ゴム(RSS・TSR)1kg
とうもろこし・大豆1t
金は1gが4500円、原油は1㎘が45,000円、とうもろこしは1tが25,000円ってことなんだ!
倍率とは?

商品先物取引では1口のことを1枚(まい)と呼びます。取引する最小の単位(ロット)のことになります。金なら1,000g、原油は50㎘、ゴムは5,000㎏と銘柄によってまちまちです。この取引単位を呼値で割ったものを「倍率」と言います。

銘柄取引単位倍率
金(標準)1,000g1,000倍
金限日100g100倍
白金(標準)500g500倍
白金限日100g100倍
原油50㎘50倍
ガソリン50㎘50倍
灯油50㎘50倍
ゴム(RSS・TSR)5000㎏5,000倍
とうもろこし50t50倍
大豆10t10倍
レバレッジと倍率が混同してわかりにくいわ???
レバレッジは証拠金に対して何倍の取引をしているのかということで、倍率は取引所で値段を決めている呼値に対して何倍の取引をしているかっていうことだよ

レバレッジと倍率の違い

レバレッジと倍率の違い
1ティックの売買差損益
倍率とレバレッジがややこしい人は1ティックで差損益がいくらでるのかを考えると取引がイメージしやすいかもね
銘柄1ティック(利幅)差損益
金(標準)1円1,000円
金限日1円100円
白金(標準)1円500円
白金限日1円100円
原油10円500円
ガソリン10円500円
ゴム0.1円500円
トウモロコシ10円500円
金(標準)が1ティック(1円)動いたら1,000円儲かったり損したりするってことなのね

取引時間に進む

>当サイトおよび商品先物取引の注意事項

当サイトおよび商品先物取引の注意事項

商品先物取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生ずる場合があります。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。 尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。 本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については執筆者には一切の責任を負いかねます。