トレード手法について(その5)

時間と価格の均衡(1)

ここでイメージするのは時間に対しての価格の値動きです。トレンドというのは、ちょうどいい値動きの角度というのがあります。これは各銘柄によって全て違います。これは非常に主観的な部分になるのですが、ある一定の均衡のとれた角度のトレンド、つまり急すぎず、低すぎないというようなトレンドというのは一般的に長いトレンドになります。これが急すぎたりすると、売り方はすぐにロスカットをしてしまうので相場はそこでいったん止まってしまします。また、急すぎる値動きというのは長続きしません。いってもすぐに落ちてきてしまいます。

均衡のとれたトレンドがなぜ長続きするかというと、売っている人たちも期待を持ってしまうからです。つまり、ロスカットさせないでゆっくりゆっくり持ち上げていき、最後に急拡大するまでロスカットがすべて出つくさないのでトレンドが長続きします。これは下げの場合でも同じです。ちょうどいい均衡のとれたトレンドというのは、もしそういうトレンドのなかで買っていても、しばらくすれば戻るのではないか、まだいけるのではないかという期待を持たせやすい値動きになります。(ゆっくりとした下降トレンド、上昇トレンドであれば)そのため、エントリーしてからそのようなちょうどいいトレンドが発生した場合にはそのままポジションをキープし、急拡大した時にはもうすぐ終わるのではないかというふうに考えるようにしてください。

時間と価格の均衡(2)

イメージでは、このようなゆっくりと相場が上がっていく段階ではトレンドは長続きします。最後のピークアウトするところというのは、ボラティリティが急拡大して売っている人たちが最後の部分では恐怖が走ります。いったら戻ってくるのではないかとわかっていても恐怖からロスカットさせられて、売り方の買いが一気に出て、そこで相場がいったん終わるという性質を持っています。もちろん下げている場合でも同じです。
最後というのは一気に急落します。また、逆に言えば急落しないとなかなか相場というのは終わらないです。

これは実際の例ですが、最初の上昇、二度目の上昇、三度目の上昇を見比べると角度が徐々に上がっていっているのがわかると思います。このような均衡のとれた値動き、一気に上げず、低すぎない値動きというのは長い期間トレンドが継続する傾向にあります。そしてやはり最後に、一度目の上昇、二度目の上昇よりも急角度になってくると相場がピークアウトしやすくなります。そして、このような天井付近の動きというのは値動きが激しくなって上昇トレンドが終わるという結末をむかえます。

セリングクライマックスやバイングクライマックスと呼ばれるような大相場の最後は出来高も増加することが多いよ。
負ける人は最後に買う

相場というものは「買う人が多ければ上がり、売る人が多ければ下がる」これが原則です。①のポイントで買えば、その後に②と③で買う人がいるので①から大きく上昇します。取れる利益は大きくなります。
②で買うと、その後に③で買う人がいるので少しだけ上がります。①に比べると取れる利益は小さくなります。③で買うと、その後に新しく買ってくる人がいません。買う人がいないということはそれ以上は上がることがないということです。利益どころか損失を出してしまうでしょう。

常に①で買えるような優れたトレーダーはなかなかいないのですが、相場の下手な人というのは常に③で買っている人が多いです。みんなが買った後から買っても遅いのです。トレンドの変化にいかに早く気が付けるかというのが相場では最も大切なことです。鈍感な人は相場の世界では勝てません。

自分が買った後に、さらに買う人がいるか?自分が売った後に、さらに売る人がいるか?これを意識することが大事だね。
噂で買って事実で売る

相場の格言に「噂で買って事実で売る」というものがあります。米国にもまったく同じ意味の「セル・ザ・ファクト」という格言があります。

上記のチャートは少し古いですが2003年のイラク戦争前後のガソリン価格になります。イラク戦争は2003年3月20日に開戦したのですが、ガソリン価格はイラクでの戦争により中東からの原油輸出が止まってしまうのではないという思惑から戦争前に高騰していきました。ところが開戦が確実な情勢になると一気に暴落してしまったのです。まさに「噂で買って事実で売る」という格言通りの値動きとなりました。
どうしてこのような動きになったかというと、噂の段階で値段が上がるだろうという思惑で買う人がいたために価格が上昇していったのですが、実際に戦争が確実な情勢になるとそれ以上の上げ材料は出なくなり新たに買ってくる人がいなくなったのです。また、上げ材料が出尽くしたということで利食いをしようとする人も多くなり価格が下がりました。

相場の世界では事実が出てから買うのでは遅いんだね。周りの人が買う前に買わないといけないんだ。

トレード手法について(その6)へ進む

>当サイトおよび商品先物取引の注意事項

当サイトおよび商品先物取引の注意事項

商品先物取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生ずる場合があります。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。 尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。 本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については執筆者には一切の責任を負いかねます。