大型連休中の海外市況

国内市場が一週間完全に休場という初めての状況でしたが、一部の銘柄を除き商品相場は穏やかな動きでした。

銘柄4/26 終値5/3終値前週比
1288.801281.30-7.50
白金903.60874.80-28.80
原油63.3061.94-1.36
ドル円111.51111.09-0.42

FOMCで利下げが強く否定されたことにより、特に白金が売り込まれる展開となり一時847.1ドルの56.50ドル安まで進みました。しかし、雇用統計の失業率が49年ぶり低水準で、非農業部門の雇用者数が26万3000人増と大幅に伸びたことを受け、株式・商品ともにリスクオンで大きく買い戻されて終わっています。

10連休ということで警戒していた方が多いとおもいますが、なんとが無事に着陸することができそうです。さすがに白金が50ドル安を超えた時は休み明けの相場を心配しましたが雇用統計に助けられた感じですね。

5月は「セルインメイ」と呼ばれるように相場は売り込まれるケースが多いようですが今年はどうなるでしょうか。


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

商品先物取引ブログバナー

>当サイトおよび商品先物取引の注意事項

当サイトおよび商品先物取引の注意事項

商品先物取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生ずる場合があります。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。 尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。 本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については執筆者には一切の責任を負いかねます。